家の外観は、その家の印象を決める非常に大事なものといえます。
今回、その塗装の選び方と共に、住宅購入においての注意点を踏まえて記事を書きたいと思います。
昔は家といっても、外観の塗装は地味な色が多く、どこの家も同じようなもので、そこまで塗装にこだわりを見せる人はいませんでした。
しかし現代では、外観のオシャレさにこだわり、今までにないような塗装をしている家もたくさん出てきました。
なぜ皆がここまで家の外観にこだわるようになったかといいますと、注文住宅で自由に色や形を選べるようになり、他と同じ家では面白くない、
独自の、自分達だけの家にしたいという願望が、強く表れ始めた結果かと思います。
また家も地域によって相場が違いますので、どこまで塗装や形にこだわるかという問題もでてきます。
しかし、塗装に関しては家のイメージを印象づける非常に大事なところ。
妥協せず、自分達のこだわりをみせたいところでしょう。
しかし、若い時に建てるか、中年の頃に建てるか、あるいは年老いてから建てるかで、作りたい家の雰囲気も変わってきます。
しかし家というのは一生住むつもりで買うことがほとんど。
あまり奇抜なデザインや塗装をしてしまっては、後悔することも多いです。
色はツーカラーまでにおさえて、おとなしめの色、シンプルなものにしておく方が無難でしょう。
濃い色、変わった色は、非常に飽きやすいものです。
この点に注意して、その地域の生活環境に応じた、相場に見合った住宅を建てるのが良いでしょう。
参考:家 塗装 記事 相場

関連記事